在留資格認定証明書

在留資格認定証明書とは

ビザは在外日本公館で取得します。就労・留学など長期在留のためのビザ申請をすると、審査に長い時間がかかります。その審査手続の簡易・迅速化のため、日本の入国管理局が日本に入国・在留を希望する外国人の活動が在留資格の条件に適合しているかどうかを事前に審査し、その条件に適合すると認めた場合に在留資格認定証明書という証明書を交付します。この在留資格認定証明書をもって在外日本公館でビザ申請をすれば、通常5業務日程で発給を受けられます。

つまり大使館・領事館でビザ申請をするよりも短い期間でビザ取得ができる制度です。

手続き窓口:最寄りの入国管理局

 

次のような方がこの制度を利用するとよいでしょう。

・これから外国人を日本へ呼び寄せたい方

(例) パートナーと結婚したので日本へ呼び寄せたい

・母国の家族を呼び寄せたい外国人の方

・外国人技術者を雇いたい日本の企業様

(例) 外国料理のコック、各種エンジニア、通訳・翻訳、語学教師など

 

家族呼び寄せの場合

呼び寄せたい外国人の方との関係を証明する書類

経済的に安定していることを証明する書類

 

外国人を雇用したい企業様

外国人本人の経歴や、業務とのマッチング、それらを証明する書類など十分に検討し、整合性のある書類を準備する必要があります。

 

まずはお気軽にご相談ください。