家族滞在ビザ

日本に長期在留していて母国から家族を呼び寄せたい方

 

次のビザで日本に在留している外国人の方が家族滞在ビザで妻と子どもを呼び寄せることができます。

教授、 芸術、 宗教、 報道、 経営・管理、 法律・会計業務、 

医療、 研究、 教育、 技術・人文知識・国際業務、 企業内転勤、 

興行、 技能、 文化活動、 留学、

 

ここで注意してほしいのは、次の二つの点です。

・呼び寄せる家族は外国人の方が扶養する

・配偶者(夫または妻)と子に限る

 

家族滞在ビザの対象になるのは妻や子で、親は含まれません(親を呼び寄せるにはまた別の手続きが必要になります)。

また、このビザでは就労することができません。資格外活動という許可を受ければ週28時間以内のアルバイトをすることはできます。

 

すでに日本にいる外国人同士が結婚し、妻が家庭に入り専業主婦になるなどの場合にも家族滞在ビザに変更する必要があります。

 

留学生の方が妻や夫を呼び寄せる場合は、働かなくとも生活費を賄えるだけの資力があることが必要になります。つまり母国の親から生活費と学費を仕送りしてもらえる・ある程度の貯金があるなどです。仕送りやアルバイトのお給料などは、収入があった都度、銀行口座に入金し記録を残しておくことをお勧めします。