配偶者ビザ

外国人と結婚したい日本人の方

正確な名称は「日本人の配偶者等」です。

互いの国で婚姻届けを出して入籍すれば即日本で長期在留できる配偶者ビザが下りると考えていらっしゃる方が多いようですが、実はそう簡単な話ではありません。

配偶者ビザを取得するには、説明資料として婚姻証明書を提示するだけでは不十分です。

きちんとした経済的基盤があり、日本で安定的に生活していけるなど、様々な面からその婚姻が真実であることを証明する必要があります。(残念ながらそれだけ偽装結婚が疑われるケースが多いのでしょう)

ではどのような書類が必要になるのでしょうか。

お二人の出会いから、交際の経緯、結婚式の様子など

住居や仕事など安定した生活の基盤があることなど

これらが本当であることがわかるように、今までやり取りしたメールや一緒に写った写真、その他資料でお二人の関係を説明できるものを集めましょう。就労系の在留資格申請と違い、二人の関係が本物であることを積み重ねた事実で証明していきます。

また、過去に何らかの在留資格で日本にいたことがある場合、以前の申請内容と今回の申請内容とで矛盾のないかどうかも入念に確認しましょう。まずはご相談ください。