経営・管理ビザ

日本で会社を作って事業を始めたい外国人の方

日本の企業で管理者となる外国人の方

日本で働いてきて独立を考えている外国人の方

経営・管理ビザの要件として以下の二つを満たしているかどうかが大きなポイントになります。

・二人以上の常勤の職員が従事していること

・資本金の額又は出資の総額が五百万円以上であること

 

申請の際には事業計画書をはじめ税務会計関連資料や事業の内容を説明するためかなりの種類と量の添付資料が必要になります。事業の安定性・継続性や事業資金の出所などを明確にできる資料をできるだけ多く集めましょう。

 

新規事業を行う場合、関係省庁の許認可が必要かどうかも十分に調べておく必要があります。会社の事業目的のなかに始める予定の事業が記載されていることが許認可の要件となっていることがありますので、会社を作る際にはその点も十分に調べておきましょう。

 

新しく会社を立ち上げる場合は、法人設立の各種手続きや、各種許認可申請、開業後の各種行政庁への届出など包括的にサポートいたします。お気軽にご相談ください。