就労ビザ

留学生の方

日本の学校を卒業して、そのまま就職する場合、いまの留学ビザから就労ビザへ変更する必要があります。

自分の持っている資格(学士、専門士など)・経歴とこれから就職する会社での業務内容に密接な関連性があることが重要です。それらを具体的に説明できる資料を用意する必要があります。

留学生が就労ビザへ変更申請する時期は、入国管理局が大変混み合い審査に時間がかかります。審査結果が出るまで2~3カ月かかることもありますので、ぜひ余裕をもって早めに申請することをお勧めします。

 

新卒留学生の雇用を考えている企業様

外国人留学生をアルバイトで雇う場合は、週28時間以内ルールの中で特に業務内容の制限なく働いてもらうことが可能です。外国人を雇うには就労可能なビザを持っているかどうかを在留カードで確認してください。就労ビザを持っていても、いわゆる単純労働を行わせることはできません。外国人の修めた学業の内容や大卒・専門卒などの資格と御社が担当させる業務との間に関連性のあることが要件になります。外国人本人の資格・経歴と業務とのマッチングを十分に行う必要があります。

 

就職を予定している新卒外国人の方、外国人雇用をお考えの経営者様、

お気軽にご相談ください。